お電話でのお問い合わせ 090-2581-5606(9時~21時)

2019.9.5

朝晩の空気がすっかり変わり、街の景色も心なしか輪郭を成してきたように思います。

すっかりブログの更新をさぼってしまい、生徒たちから叱られてしまいました。

でも、さぼった分ニュースは沢山あるんですよ!

これから少しずつお伝えしますね。

今日はちびっ子クラスのお話です。

今年、3歳から5歳の就学前の生徒が数人入会し元気にレッスンに通っています。

皆すっかりレッスンにも慣れ各々の個性が音楽にも現れるようになりました。

始めの挨拶から、お歌、音あて、和音、初見、ピアノ教材の宿題、リズムと

盛り沢山ですが、お稽古中は間髪を入れずテキパキするのが私流。

よくついてきてくれます。特に初見の練習は集中力MAX!

私もちょっとびっくりしています!

言った事を確実に実行します。「先生の時計と一緒よ」との掛け声に

しっかりリズムと音を刻みます。

よく、遊びながらピアノをというフレーズを目にしますが、私の教室は

ちびっ子であっても決められた時間はそれに集中させます。お約束です。

この秋、ちびっ子クラスの進歩が思いもかけず目ざましいので時間枠を増やし、

3名のちびっ子募集します。

これからピアノレッスンをお考えの方々、お問い合わせ下さい。

なお、ピアノ(電子ピアノ可)をお持ち又は、購入予定の方に限らせていただきます。

もちろん、小学生、中学生、高校生、大学生(隔週、月1回レッスン可能)

受験生、コンクール希望者歓迎です。

さあ、この秋から音楽のある暮らし、始めましょう!

千葉ピアノ教室の日々

2019.9.5

2019.2.19

二月も半ばを過ぎ、春の便りも聞かれるようになりました。何とは無しに気持ちも華やぎます。

私の教室には幼稚園や保育園の年少、年中、年長組の子供達が『プレピアノコース』のレッスンに通っています。とっても楽しいです!私が楽しませてもらっています。

私はかつて東京の大手幼児教室で、小学校受験の講師をしていました。小学校受験には賛否両論あるでしょうが、ここで学んだことは「聞く力」は全てを制すということです。ですから『プレピアノコース』ではかつてのノウハウを生かし、多方面からのアプローチで音楽教育を進めています。

音当ての得意なKちゃん、和音大好きなN君、初見演奏に集中力を発揮するS君。皆、得意分野がはっきりしていますが共通して大好きなのがリズムです。色々なバージョンがありますが、積み木並べは特に人気があります。

さあ、今日はどんなレッスンドラマが見られるでしょうか?楽しみです!

千葉ピアノ教室の日々

2019.2.19

2019.1.21

昨日、ピティナ入賞者コンサートが響ホールで開催されました。私の教室からも2名が出場しました。無事に演奏を終えて、私もホッとしております。

皆さん立派な演奏で、コンクール審査とは違いのびのびと演奏されていました。こういう経験を積んで上達するのですね。

来週はまた別の入賞者コンサートが控えています。年々我が教室からも出場が増え、嬉しく思っています。私も勉強を怠ることなく、より良い指導ができるよう努力致します。

千葉ピアノ教室の日々

2019.1.21

2019.1.17

阪神淡路大震災から24年目の朝です。改めて、亡くなられた方々に哀悼の意を表します。現在私の教室に、この震災を知る生徒は一人もいません。自然災害の怖さ、命の尊さ、今こうしていられることへの感謝を折に触れ、生徒たちに伝えていかなければと思いを新たにしています。

先日、ウェル戸畑大ホールでベーゼンドルファーを弾く機会を頂きました。数日後にコンサートを控えた生徒たちのリハーサルを兼ね順番に演奏しました。また、国立音大同窓の伊藤先生にワンポインアドバイスを頂き、大変有意義なホールレッスンとなりました。

ベーゼンドルファー特有のふくよか音色が大ホールの程よい残響と相まって、各々の演奏が数倍美しく聴こえました。こんな機会をもっともっと生徒たちに体験させてあげたいです。

千葉ピアノ教室の日々

2019.1.17

2018.12.20

何かと気忙しい時期になりました。ふと思ったのですが、いつから年末は忙しいと思うようになったのかな?子供の頃は、大掃除もクリスマスもお餅つきもそして、お正月のお飾りもとても楽しいイベントで楽しみでした。

先日、入会希望の坊やとお母さまがレッスン見学に来てくださいました。レッスン生は坊やと年の近い年中組のUちゃん。ちょっと緊張しながらも真剣な面持ちで頑張ってくれました。そこへ、次のレッスン生K君。彼も幼稚園年少さんです。あっという間に賑やかな教室に。

お母さまたちも加わってそれぞれ自己紹介。私も、とても和やかな、気持ちの良い時間を過ごさせてもらいました。今度ぜひ、ちびっ子組のグループレッスンをやってみようと思いました。しばし、発表会(12月24日)前の緊張感と気忙しさを吹き飛ばしてくれたちびっ子組に感謝です。年明けから、見学してくれた坊やもレッスンデビューです。

千葉ピアノ教室の日々

2018.12.20

2018.10.31

勝山公園の樹々も色づき始めました。よい季節になりました。12月の発表会に向け生徒たち皆、頑張っています。

私が子供だった頃、新しい楽曲を先生からいただくと、とてもワクワクしました。今のように音源が簡単に手に入る時代ではなかったので、譜読みが終わらないとどんな曲なのか解らず、必死で音符を追ったものです。

音楽を学ぶ上で大切な事はたくさんありますが、先ずは「読譜」ではないでしょうか。私の教室では「読譜力」を養う為に、ちびっ子クラス(3歳~5歳の生徒を教室内でこう呼んでいます)から「初見試奏」(与えられた楽譜を練習無しでその場で弾くこと)に力を入れています。もちろん、まだレッスンを始めて間もないちびっ子達です。使う音域も限られていますがしっかり両手でクリアします。子供の力を侮ってはいけません。素晴らしいです。継続は力。生徒たちの来年、再来年、未来を想像しつつ、指導して参ります。

千葉ピアノ教室の日々

2018.10.31

2018.8.1

今日から8月。夏真っ盛りですね。今年は猛暑、酷暑とすっかり夏が悪者にされていますが、先日、早朝のラジオ番組で「夏に聴く音楽特集」と題してジャズ、ポップス、クラッシックを流していました。とても良い気分にさせられ、体感温度が二、三度下がった様に思いました。

さて、来週から私の教室も2週間の夏休みに入りますが、コンクール出場組は、予選、本選と駒を進めて最後の仕上げに全力をあげています。年々コンクール希望者も増え、教室にも活気が感じられます。嬉しい限りです。今後、9月の合同練習会、12月の発表会、年明けにはコンクール入賞者コンサートと舞台に立つ機会がたくさんあります。生徒たちの頑張りに応えるべく、精進してまいります。

千葉ピアノ教室の日々

2018.8.1

2018.4.5

新年度が始動しました。

ここ福岡は例年より早い桜の開花に、小倉城の桜もあっという間に散ってしまいました。私の教室では、今週から気合いを入れて新年度のレッスンを始めています。

お知らせです。ドリカムコンクールにエントリーした生徒たち皆、金賞、ドリカム賞、それぞれ頂きました。指導者として、大変嬉しく思います。

このコンクールには、初めてコンクールに挑戦する生徒がエントリーしました。このコンクールは初体験でしたが、子供に優しいコンクールで、温かい雰囲気で好感が持てました。

出場した生徒、お家の方たちに追加に次ぐ追加レッスンに快く応じてくださり感謝しております。ご褒美のコンサートホールでの演奏、楽しみです。

千葉ピアノ教室の日々

2018.4.6

2018.1.14

新しい年が始まりました。先週からレッスン、スタートしています。気持ちも新たに、指導に励んでまいります。

先月24日に発表会が無事、終了致しました。9月半ばから生徒たちはそれぞれの演奏曲に取り掛かり本番では、立派な演奏をお客さまに披露することができました。とても嬉しかったです。これもひとえに、生徒たちの努力そして、お家の方々のご協力のおかげです。ありがとうございました。

生徒たちの中には、次回の発表会に弾きたい曲リストを作ってくるなど、嬉しい発表会効果も出てきています。

募集のお知らせです。4月からのレッスン時間編成を前に、就学前のレッスン生を若干名募集します。これからピアノレッスンをお考えの方、お問い合わせくださいませ。

千葉ピアノ教室の日々

2018.1.15

2017.2.1

「ピティナ入賞者記念コンサートin北九州」が

1月29日響ホールにて開催されました。

みなさんこの日のために、一生懸命練習された様子がうかがえ、立派な演奏でした。わたくしの教室からも出演し、今まで努力してきた成果が十分発揮できるよう、祈るような気持ちでおりました。

大変立派な、堂々とした演奏を聴かせてくれました。

良く頑張って、緊張感と闘いながらステージを踏めたと、涙がでました。こんなときですね、ピアノ講師冥利に尽きるのは。

千葉ピアノ教室の日々

2017.2.1

TOP